入会・更新
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 防塵挺身隊
  4. 第94回 防塵挺身隊 報告書

WORKS

活動レポート

防塵挺身隊

第94回 防塵挺身隊 報告書

  • 日 時 :2021年11月27日(土) 午前9時00分~12時
  • 集合場所:土浦市田村
  • 清掃場所:田村川水門前から自然再生A地区まで
  • 参 加 費:500円
  • 参加人数:26名(軽トラック1台、2tダンプ1台、長熊手11本、

ゴミ回収バケツ25個、フェイスガード15個、ウェーダー5着、ライフベスト5着、工具一式)

  • 回収したゴミの量:

 可燃ゴミ(45リットル袋)  83袋(ペットボトル750本を含む)

 不燃ゴミ(45リットル袋)  15袋(缶12と瓶3を含む)

      尚、栄養ドリンク瓶は99本を回収。

粗大ゴミ 冷蔵庫1台、タイヤ8本、ダイニングテーブルとイス各1、チャイルドシート1台、田圃畦の波板が大量、ポリタンク1、揚水ポンプ部品2個、布団乾燥機1台、エビ漁礁1.5本、

PCモニター1台、テレビ1台、ベニヤ板数枚、パラソル1、建築残材の土嚢袋3袋、釣り竿2本、

  • 協 力 :国土交通省霞ヶ浦河川事務所、国土交通省霞ヶ浦導水工事事務所

      土浦市環境衛生課、高橋建設株式会社

  • 賛 助 :なし

 

2021年11月27日(土)、第94回 防塵挺身隊が土浦市田村の湖岸線に出動しました。7ヵ月振りの清掃活動に、喜び勇んで参加してくれた26名の清掃請負人の皆さんに、まずは感謝です。ありがとうございました。

昨年のコロナ禍とそれに続く第3波、第4波、さらには第5波のコロナ感染拡大で、7ヶ月以上も活動を休止した防塵挺身隊でしたが、霞ヶ浦の湖岸線のゴミは待ってはくれませんでした。例年と変わることなく、いやそれ以上のゴミの量に一同驚きの連続でした。コロナ禍で家にいる時間が多くなり、必然的にゴミが増え、そのゴミを霞ヶ浦に投棄していく、そんなバカ者が多く存在していたのです。

この状況を少しでも打破すべく、今回もコロナ対策予防を万全にして、霞ヶ浦の清掃活動を行いました。幸いなことに雨の予報もなく、心置きなくゴミの回収が出来ると参加者全員が気合を込めての開催でした。

2019年の1月にもこの地の清掃活動を行っていましたが、今回はその時よりもさらに多く感じられました。それは、湖岸道路の際だけの清掃活動だったからです。車での通勤や通学途中に車窓からポイ捨てしたゴミや、夜の闇に乗じて車で運び込んで投棄したゴミなど、流域住民の悪意が散見出来ました。

中でも大量の使用済みオムツや空になった大量の洋酒の瓶、田圃の畔の補強に使うこれまた大量の波板、巨大マルチの残骸など、普通では考えられないゴミが多く回収されたからです。土浦市や阿見町のゴミ袋に入ったまま投棄されている物もありました。

これらは湖岸道の際のイバラやヤナギ、センダングサなどの中に紛れ込んでいるので、始末に悪いです。茨の棘を避け、ヤナギの密な枝を掻い潜り、センダングサの種に苛まれながらゴミの回収をするからです。

植物の抵抗でゴミの回収に難儀しましたが、心折れることなく清掃活動が行われましたのは、久し振りの清掃活動と霞ヶ浦を少しでも美しくしたいという参加者の熱い思いがあったからです。

今回ご参加いただいた26名は、防塵挺身隊の面々はもちろん、国交省霞ヶ浦河川事務所と霞ヶ浦導水工事事務所、高橋建設(株)の皆さんが居られました。行政と企業、そして市民団体の三者が一つになって、清掃活動を行えたことが素晴らしいことだと思いました。

僅か2時間弱の回収活動で大量のゴミを回収することができました。拾い集めたゴミは可燃、不燃、粗大、危険物に分類しました。可燃ではペットボトルを別に数え、今回は750本ありました。不燃は瓶と缶を分け、瓶は栄養ドリンク瓶だけを別に数え、今回は99本を回収しました。来年に予定しているこの先のヨシ原、湖岸道よりも奥の地域の清掃が思いやられます。

防塵挺身隊の活動は、参加された皆様のご支援とご協力があってこそのものです。また、大量に回収されたゴミの処理を、活動場所の市町村や霞ヶ浦河川事務所様に処分していただけることで、初めて完遂出来るのです。ご協力いただきました皆様に心から感謝申し上げます。

それにしても、道徳観や道徳心のない人が多過ぎます。公共の場にはゴミを捨てない。さらに自らが拾って処理をする・・・これを続けることで、ゴミは確実に減少し、無くなるはずです。ゴミのない霞ヶ浦を目指して、私たちは目の前にあるゴミを拾います。美しい霞ヶ浦を後世に残す・・・これが私たちの使命だからです。

今回回収されたゴミは、一般ゴミを土浦市環境衛生課様が、粗大ゴミや危険物は霞ヶ浦河川事務所様が処理を引き受けて下さり、ゴミの処理は適正に行われました。毎回ご参加くださる高橋建設(株)の皆様、誠にありがとうございました。最後に、ご支援ご協力下さいました皆々様に心より御礼、そして感謝申し上げます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事