入会・更新
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 防塵挺身隊
  4. 第95回 防塵挺身隊 活動報告書

WORKS

活動レポート

防塵挺身隊

第95回 防塵挺身隊 活動報告書

  • 日 時 :2021年12月11日(土) 午前9時00分~12時
  • 集合場所:石岡市高浜三村
  • 清掃場所:石川船溜まりから恋瀬川河口まで
  • 参 加 費:500円
  • 参加人数:37名(軽トラック2台、2tダンプ1台、長熊手12本、ゴミ回収バケツ25個、フェイスガード15個、ウェーダー5着、ライフベスト5着、工具一式)
  • 回収したゴミの量:可燃ゴミ(45リットル袋) 63袋(ペットボトル850本を含む)、不燃ゴミ(45リットル袋) 14袋(缶7と瓶5を含む)。尚、栄養ドリンク瓶は140本を回収。
  • 粗大ゴミ タイヤ10本、冷蔵庫3台、加湿器1台、座椅子4脚、石油ヒーター1台、テレビ4台、乾燥機1台、温風器1台、収穫籠5個、ポリタンク2個、大型車用ウィンカー1個、自転車サドル1個、境界杭7本、ポット1台、ペール缶2個、自動車用バッテリー1台、餅つき機1台、田圃畦用波板5m、電話機1台、粗朶沈床の残骸丸太11本
  • 協 力 :国土交通省霞ヶ浦河川事務所、国土交通省霞ヶ浦導水工事事務所、石岡市生活環境課、   高橋建設株式会社、株木建設株式会社、SDG昭和電機株式会社グループ、松村 寛
  • 賛 助 :なし

 

2021年12月11日(土)、第95回 防塵挺身隊が石岡市高浜は三村の湖岸線に出動しました。コロナ禍のために2年振りの高浜清掃活動には、37名もの皆さんに参加いただき、霞ヶ浦湖岸美化請負人の皆さんに感謝です。ありがとうございました。

昨年のコロナ禍とそれに続く第5波のコロナ感染拡大によって、活動を休止していた防塵挺身隊でしたが、霞ヶ浦の湖岸線のゴミは待ったなしです。例年と変わることなく、流域住民による大量のゴミが湖岸に投棄されたり、漂着したりしていたのです。

10月から自粛解除の報が届き、11月の第94回防塵挺身隊に続き、12月の開催と相成ったのであります。2年振りにも関わらず、防塵挺身隊の意気は下がることなく、むしろメラメラと燃え上がっていました。

 

今回ご参加いただいた37名には、防塵挺身隊の面々はもちろん、国交省霞ヶ浦河川事務所と霞ヶ浦導水工事事務所、高橋建設株式会社の皆さんに加え、力強い助っ人株木建設株式会社から5名の参加がありました。行政と企業、そして市民団体の三者が一つになって清掃を行う素晴らしい活動なのであります。

 

朝9時から12時前までの僅か3時間弱の清掃活動で、大量のゴミを回収することができました。拾い集めたゴミは可燃、不燃、粗大、危険物に分類しました。可燃ではペットボトルを別に数えます。今回は850本ありました。不燃は瓶と缶を分け、瓶は栄養ドリンク瓶だけを別に数えます。今回は140本を回収しました。

防塵挺身隊の活動は、参加された皆様のご支援とご協力があってのものです。また、大量に回収されたゴミの処理を、活動場所の市町村や霞ヶ浦河川事務所様に処分していただけることがあって、初めて完遂します。ご協力いただきました皆様に心から感謝申し上げます。

それにしても、道徳観のない人が多過ぎますね。公共の場にはゴミを捨てない。また、拾って処理をする・・・これを続けることで、ゴミは確実に減少し、無くなるでしょう。ゴミのない霞ヶ浦を目指して、私たちは目の前にあるゴミを拾います。美しい霞ヶ浦を後世に残すことが私たちの使命だからです。

 

今回回収されたゴミは、一般ゴミを石岡市生活環境課様が、粗大ゴミや危険物は霞ヶ浦河川事務所様が処理を引き受けて下さり、ゴミの処理は適正に行われます。今回もダンプカーをご供与してくださいました高橋建設株式会社の皆様にかんしゃです。また、初参加してくださった株木建設株式会社の皆様には軽トラックまでお持ちいただき、誠にありがとうございました。最後に、ご支援ご協力下さいました皆々様に心より御礼、そして感謝申し上げ、無事の終了をご報告申し上げます。

 

また、清掃活動終了後には、霞ヶ浦導水事業の進捗状況の見学会を行いました。堤防の掘削や地盤改良工事を見学後、出来上がっている(完成ではありません)立坑の見学も行いました。進み具合を目の当たりにすると、完成が楽しみで仕方がありません。ありがとうございました。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事