入会・更新
  1. HOME
  2. ブログ
  3. その他の活動
  4. 植生浄化施設の維持管理2021年0327号

WORKS

活動レポート

その他の活動

植生浄化施設の維持管理2021年0327号

2021年3月27日(土)、清明川河口の植生浄化施設の

維持管理と生き物調査を行いました。

この日に参加してくれたのは、武江健二、斉藤憲治、金澤一嘉、

大室北洋、大室昭子、古田浩徳、堤 定一、金子 勝、望月崇光、

西嶋武寛、吉田幸二、吉田圭子の総勢12名による活動でした。

 

午前中は施設のコンクリート平場に堆積した泥の除去と、

導水路側への移動、草刈り、イバラ切り、迫り出したヤナギの木の伐採、

蔓延った根の削除を行いました。

さながら荒れ地を開墾するような作業でした。

 

汗だくヘトヘトになった甲斐があって、

平場に堆積した泥は最下流の950m地点から800mまでの区間で、

完全に除去することができました。

 

 

 

こんな風に角スコップで堆積した土を起こして、

導水路の脇へと移動します。

草やイバラの根が張っていて剥がすのも運ぶのも一苦労です。

 

でも、頑張ればここまで出来ます。

 

 

 

いやぁ~、頑張りましたねぇ。

さすが少数精鋭です。

考えるよりもまず行動・・・これがNPO水辺基盤協会のモットーですから。

 

 

午後からは生き物調査を行いました。

水路内に棲息している生き物の調査です。

どんな生き物がいるのか? どれくらいの数いるのか?

そんなことを調査して流れる水が作り出す効果の検証です。

 

 

 

ところが、水がないのです。

辛うじて900m地点までは少しばかりの水があるのですが、

その先は水が殆どなく、干上がっている状態でした。

 

 

 

300m地点ではほとんど泥の状態です。

サギなどの鳥類や哺乳類の足跡が見られます。

食べられちゃったのでしょうね・・・魚たち。

 

 

 

それでも水のある900m地点を中心に生き物を捕獲しました。

また、最上流の比較的水深のあるエリアでの捕獲も行いました。

捕獲したデータはまたこの次にでも!

 

水のない原因は・・・ポンプが動いていないのです。

そのために、導水路の水が干からびてしまったのですね。

ポンプの不稼働の原因は判りません。

ポンプの故障なのか? 電源が落とされたのか?

原因不明のまま、導水路での命の再生は終わってしまうのでしょうか?

さて、さて、どうなるものか・・・誰にも判りません。

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事