入会・更新
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 防塵挺身隊
  4. 第98回 防塵挺身隊 報告書

WORKS

活動レポート

防塵挺身隊

第98回 防塵挺身隊 報告書

2022年3月19日(土)、第98回 防塵挺身隊が美浦村舟子の湖岸線に出動しました。まん延防止措置発令中でしたが、湖岸のゴミは待ってはくれません。流されて水没してしまう可能性があります。そこで、コロナ感染予防対策をしっかりと行って開催に臨みました。

予定では、美浦村古屋の湖岸線に出動でしたが、数日前に地域住民による清掃活動が行われたようで、ゴミがまったく有りませんでした。そこで、急遽清掃場所を変更し、清明川を隔てた美浦村舟子地区にて第98回防塵挺身隊を開催いたしました。

NPO水辺基盤協会では、2017年よりこの植生浄化施設の維持管理を行っておりますが、植生浄化施設内の清掃活動はほとんど行っていませんでした。その間にも湖面を漂う不法投棄のゴミが植生浄化施設に漂着し、本来の機能が損なわれつつありました。この地の草刈りをしてヨシ焼きを行ったこともあり、多くのゴミを回収することが出来ました。

コロナ禍ということで、ゴミが増え続けています。この状況を打破すべく、今回もコロナ予防対策をしっかりと行って、霞ヶ浦の清掃活動を行いました。そんな矢先に前日の天気が雨でした。が、当日の天気は快晴になりました。日頃の皆様の功徳のお陰で、清々しい春の日を快適な状況下で清掃活動が行えました。

今回ご参加いただいた28名には、防塵挺身隊の面々はもちろんのこと、国土交通省霞ヶ浦河川事務所と霞ヶ浦導水工事事務所、高橋建設株式会社の皆さんでした。行政と企業、そして市民団体の三者が一つになって、清掃活動を行っているのが防塵挺身隊です。

僅か2時間弱の回収活動で大量のゴミを回収することができました。拾い集めたゴミは可燃、不燃、粗大、危険物に分類しました。可燃ではペットボトルを別に数え、今回は600本ありました。不燃は瓶と缶を分け、瓶は栄養ドリンク瓶だけを別に数え、今回は84本を回収しました。

私たち防塵挺身隊の活動は、参加された皆様のご支援とご協力があってこそです。また、大量に回収されたゴミの処理を、活動場所の美浦村様や霞ヶ浦河川事務所様に処分していただけることで、初めて完遂出来ます。ご協力戴きました皆様に心から感謝申し上げます。

それにしても、道徳観のない人が多過ぎます。公共の場にはゴミを捨てない。また、拾って処理をする・・・こんな簡単なことを続けるだけで、ゴミは確実に減少し、無くなることでしょう。ゴミのない霞ヶ浦を目指して、私たちは目の前にあるゴミを拾います。美しい霞ヶ浦を後世に残したいからです。

今回回収されたゴミは、一般ゴミを美浦村生活安全課様が、粗大ゴミや危険物は霞ヶ浦河川事務所様が処理を引き受けて下さり、ゴミの処理は適正に行われます。毎回参加くださいます高橋建設(株)の皆様、誠にありがとうございました。最後に、ご支援ご協力下さいました皆々様に心より御礼、そして感謝申し上げます。

  • 日 時 :2022年3月19日(土) 午前9時00分~12時
  • 集合場所:美浦村舟子湖岸線
  • 清掃場所:清明川河口植生浄化施設400mまで
  • 参 加 費:500円
  • 参加人数:28名(軽トラック1台、2tダンプ1台、長熊手12本、ゴミ回収バケツ25個、フェイスガード15個、ウェーダー5着、ライフベスト5着、工具一式)
  • 回収したゴミの量:可燃ゴミ(45リットル袋) 63袋(ペットボトル1050本を含む)
  • 不燃ゴミ(45リットル袋)  7袋(缶5と瓶2を含む) 尚、栄養ドリンク瓶は55本を回収。
  • 粗大ゴミ タイヤ2本、カラーコーン1個、テレビの側1台、境界杭3本、エビ巣7本、蛇口1個、ポリタンク3個、冷蔵庫1台、ストーブの芯1個、簡易椅子1個、ブイ4個、車用バンパー2個、排水マス1個、木製パレット1個、自転車サドル1個、屋外スピーカー6個、イレクターパイプ一式、塩ビ管4本、ウォータータンク1個、流木と竹10本、ヘルメット2個、などなど 
  • 協 力 :国土交通省霞ヶ浦河川事務所、国土交通省霞ヶ浦導水工事事務所、 美浦村生活安全課、高橋建設株式会社
  • 賛 助 :なし

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事