■ 第62回 防塵挺身隊 報告書 » date : 2015/05/12  

2015年2月14日(土)、
今回で62回目となる防塵挺身隊が美浦村舟子の湖岸線に出動しました。

昨年の台風による大増水で打ち寄せられた漂着ゴミが、
湖岸線に放置されたままになっていたからです。
目視する度に後ろ髪を引かれる思いでしたが、
今年になって遂に取り掛かることが出来ました。


photo1


しかし、西北西の強風が容赦なく吹きつける2月の寒空の下での活動は、
活動自体が制限されるほどでした。
それでも18名の参加者は、湖岸のゴミを黙々と拾い上げ、分別したのであります。


photo1


が、最も困難だったのは、野イバラやヤナギなどの灌木が
好き勝手に枝を伸ばした下にゴミが溜まっており、
これ等を避けて回収することでした。

野イバラの棘が刺さったり、ヤナギの枝に行く手を阻止されたりなど
自然の生物と戦いながらのゴミ回収だったのです。

この日、築堤とコンクリートの平場、さらに湖岸の汀に散乱しているゴミを拾い集めましたが、
18名が活動できたのは距離にして350mほどでした。
グリコ一粒にも満たない距離でした。

この舟子の湖岸線には約1kmに渡ってゴミが漂着しています。
残りの650mが手付かずのままに清掃活動を終えた悔しさは、
参加者の心に「I shall return!」とか、「I’ll be back!」と叫ばせたはずです。
あっ、この言葉は年代別とも言えますね。


photo1



第62回防塵挺身隊 成果

●日 時 :2015年2月14日(土) 午前9時00分〜13時
●集合場所:美浦村舟子 古屋機場前
●清掃場所:美浦村舟子湖岸線
●参 加 費:500円
●参加人数:18名(軽トラック2台、ゴミ回収バケツ15個、フェイスガード15個、
長熊手10本、フェイスガード15個、ゴミ長鋏み10本、チェーンソー1台、工具一式)
●回収したゴミの量:
 可燃ゴミ(45リットル袋)  60袋(ペットボトル12を含む)
 不燃ゴミ(45リットル袋)  18袋(缶8と瓶9を含む)
 尚、栄養ドリンク瓶は150本以上を回収。
 粗大ゴミ 古タイヤ4本、ポリタンク4個、境界杭5本、鉄骨2本、
 バイクのタイヤカバー1個、スピーカー1台、ワイヤー、ステレオ1台、
 バッテリー4個、レンコン用ソリ2枚、パレット1枚、丸太3本、窓用ガラス3枚、
 バケツ3個、ペール缶1、船の残骸2、太いロープ1本、コンパネ1、

●協 力 :国土交通省霞ヶ浦河川事務所、国土交通省霞ヶ浦導水工事事務所
      美浦村生活環境課 
●賛 助 :(一社) 関東地域づくり協会、 (公財) 河川財団

» category : 防塵挺身隊 レポート ...regist » 2015/05/12(Tue) 09:38